テレワーク用のPCにWhyNotWin11を試してみた

前回の続きです。

テレワーク用のPCに「Windows 11」導入可能チェックアプリを使ってみた

「Windows 11」導入可能チェックアプリですが、Microsoft製よりも高機能でわかりやすいアプリがGitHubに公開されていました。

Microsoftにより公開されたWindows11互換性確認アプリ『Windows PC 正常性チェック』は正直に言って不親切な設計です。いったいどの部分が要件に引っかかってい...

試してみた

Detection Script to help identify why your PC isn't Windows 11 ready - rcmaehl/WhyNotWin11

Ver 2.2.2 のWhyNotWin11.exeをダウンロードしました。

DELL OptiPlex 7010 SFF Core i3 で実行しました。

  • Architecture(CPU + OS): 64bit CPUとOSのチェック。64Bit なのでOK。
  • Boot Type: Bootタイプのチェック。 LegacyなのでNG。UEFIでOK。
  • CPU Compatibility: 世代が古いからでした。
  • CPU Core Count: CPUが2コア以上であるのでOK。1コアはNG
  • CPU Frequency: クロックが1GHz以上あるのでOK。1GHz未満はNG
  • DirectX + WDDM2: DirectX 12に対応してないのでNG.
  • Disk Partitioning: ストレージ(SSD / HDD)がMBR(GPT Not Detected)はNG。GPTであればOK。
  • RAM Installed: メモリ4GB以上搭載されているのでOK。
  • Secure Boot: セキュアブートが有効(Enabled)になってないのでNG。
  • Storage Available: システムドライブが64GB以上あるのでOK.
  • TPM Minimum: TPM 2.0が有効になってないのでNG。

Windows10を快適に利用できているPCでも、Windows11は厳しいですね。

スポンサーリンク
memordmレクタングル(大)
memordmレクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
memordmレクタングル(大)