台湾旅行(その1)【準備編】飛行機の予約

LCCのジェットスターが片道2,750円のセールをしていたので、「名古屋(中部)」→「台北」を購入しました!

初台湾です。とくに台湾のことをしっているわけではありません。安かったので勢いで購入しました。これからいろいろと台湾のこと、海外旅行のことを調べていきます。

チケット購入

最初にフライトを選択

JetStarのサイトからフライトを選択します。「名古屋(中部)」→「台北」の深夜便と「台北」→「名古屋(中部)」の深夜便がセールで片道の運賃が2,750円でした。仕事帰りに行く、2泊4日のひとり旅行です。

・名古屋→台北 22:45発 0:45(日本時間1:45)着 フライト時間:3時間

・台北→名古屋 01:45(日本時間2:45)発 5:35着 フライト時間:2時間 50分

次に手荷物や各種シートを選択

あらかじめ搭乗者ごとに20kgの受託手荷物の料金が選択されています。
2,600円で20Kgです。今回は節約のため0円にしました。帰りも0円にしたのでおみやげはほとんどナシです(^.^)

受託手荷物を0円にして、

jetstar2

続けるをクリックします。

jetstar3

警告画面が表示されます。

機内持ち込みは7Kgまでで、56cm、23cm、36cmだけです。2泊分の着替えとスマホのみで行くのでおそらく大丈夫です。だめなときはそのときに考えます・・・

jetstar4

シート選択

次にシートの選択です。スタンダードシートが550円なので、スタンダードシートで窓際を選択しました。

jetstar5

このときセールの時間の終わりで焦っていたこともあったのですが、ミスをしてしましました。

行きのシートを選択して、次の画面にいくと、帰りのシートの画面が表示されませんでした。

「あれ、おかしいな、復路はまたちがう画面で選択するのだろうか、または選択できないのだろうか、、まあいっか」

とおもって決済完了まで終了してしまいました。

決済終了後、後日、もう一回同じ画面までいったら、同一画面でフライトごとに選択可能でした↓↓↓↓↓↓

jetstar6

しかも、よくみたら「座席指定なし」でも大丈夫でした。そこも節約すればあと500円は安くなりましたね。

まあ、真ん中のシートになるよりはいいかな。行きは窓際で寝る予定です。

帰りは「座席指定なし」なのでどこになるのかわからないのでドキドキです。

クレジットカードで決済

支払い手数料として、国際線:650円/片道かかります。今回は往復で1,300円でした。ちょっと高いですが仕方ないですね。また、空港使用料が出発する空港でかかります。

空港 料金
中部国際空港 2,570円
台湾桃園国際空港 1,690円

jetstar8

jetstar7

金額のまとめ

飛行機代は合計で11,610円になりました。

項目 内容 金額
GK93往路 運賃 大人x1 2,750円
空港使用料 大人x1 2,570円
スタンダードシート 大人x1 500円
GK92復路 運賃 大人x1 2,750円
空港使用料 大人x1 1,690円
支払い手数料 クレジットカード 1,300円
 合計 往復運賃 11,670円

バウチャーでの支払いで支払い手数料を無料にする

決済したあとに他のブログを読んで気づいたのですが、JCBカードでバウチャーを購入すれば、支払い手数料を無料(安く)できたみたいです。
JCBカードも持っているので、往路のスタンダードシートをナシにして、バウチャーで支払いをすれば、全部コミコミで一万円でした。次回からはこの方法も検討します。

LCCが普及したことで本当に気軽に旅行に行くことができるようになりました。 僕もその波に乗っていて、...

また、スカイスキャナー経由で予約しても安いこともあるそうです。このときのジェットスターとスカイスキャナーの「シートの選択」が不明ですが。

ジェットスター・ジャパンは、2月19日(金)10:00まで名古屋 - 台北が片道1,990円になるセールを開催。2月19日(金)04:30の時点でも残席は多数残っている模様で、片道1,990円で購入可能な日程をカンタンに見つけることができる

次回はスカイスキャナーも検討してみます。

今回は飛行機のみのチケットなので、ホテルの予約は別途ネットで行います。

スポンサーリンク
memordmレクタングル(大)
memordmレクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
memordmレクタングル(大)