Synology DiskStation DS118の設定

シノロジーのNASを買いました。

先月にNASとバックアップ用の外付けハードディスクを購入しました。 Synology DiskStation DS...

購入機種はSynology DiskStation DS118です。

スモールオフィスやホームユーザーのための高性能な 1 ベイ NAS サーバー

HDDの取り付け、設置までは簡単にできました。

NASの設定はブラウザからDSMという専用OSを操作して設定できます。

パッケージのアップデート

パッケージセンターのに通知バッチがあるときは、「更新」があります。「アップデート」または「すべて更新」で最新状態にしましょう。

QuickConnectの設定

「QuickConnect」は外出先からのアクセスを可能にするための仕組みです。

Synologyアカウントを作成して、QuickConnectIDを取得しましょう。Synologyアカウントを作成するにはメールアドレスが必要です。Gmailがおすすめです。

外部から簡単にDSMにアクセスできます。

スマートフォンのアプリなどで接続先にもQuickConnectIDを指定します。

File Station

ブラウザで操作するDSMのなかにあるSynologyのアプリの1つす。NASに保存されているファイルを参照したり、コピーしたりすることができます。社内LANからアクセスする場合は、エクスプローラーのほうが使いやすいですが、外部のPCからアクセスするときに利用します。

Cloud Station Bakcup

PCのデータ→NASにバックアップできます。

標準ではユーザーフォルダがまるごと選択され、バックアップ先も標準でユーザーのhomeフォルダとなります。過去の履歴を管理し、「バージョンエクスプローラー」で復元も可能です。

パソコンの自動バックアップに便利ですね。

Cloud Station Drive

特定のフォルダをPCとNASの間で同期できます。
OneDriveやDropboxのクライアントと同じようなものです。
使い方はOneDriveと同じように、複数のPCで同じフォルダを同期させることができます。

複数の端末で同じファイルを参照、編集するのに便利ですね。

Cloud Sync

パソコンで「OneDrive」のクライアントアプリケーションを使用するのと同じように、NASで「OneDrive」のクライアントアプリケーションを利用できます。つまり、NAS上のファイルがOneDriveと同期できます。パソコンでは基本的にひとつのMicrosoftアカウントしかできませんが、このNASにある「Cloud Sync」は複数のMicrosoftアカウントを登録できます!これはすごいですね!!

OneDriveだけでなく、Dropbox、Google Drive、Amazon Driveも利用できます!

HyperBackupで外付けUSBにバックアップ

クラウドのバックアップもよいですが、外付けUSBにもバックアップします。

「パッケージセンター」の「バックアップ」から「HyperBackup」を開きます。

「ローカル共有フォルダと外部ストレージ」を選択して「次へ」をクリックします。

外部ストレージを選択して「次へ」をクリックします。

バックアップ対象を選択して「次へ」をクリックします。

アプリケーションのバックアップの選択画面が表示されましたが、ここではそのまま「次へ」をクリックします。

バックアップの設定ですが、デフォルトのままで「次へ」をクリックしました。毎日03:00にバックアップされます。

バックアップローテーションの設定は有効にしました。バージョン数はデフォルトの256です。

「適用」をクリックすると「今すぐバックアップ」のダイアログが表示されましたので、「はい」をクリックしました。

DSM6.0 + Hyper Backupでバックアップされたデータは、NASを復旧させるためのデータ形式として保存されているので、バックアップデータの入った外付けHDDをパソコンに接続しても、直接アクセスすることはできません。Hyper Backup Explorer というソフトを使えば可能です。

従来のDSM5.2 + バックアップの場合は直接アクセスできました。そちらのバックアップ方法もあります。

※DSM6.2以降の場合は、下記URLの方を参照して下さい。 この問題は DSM5.2 + バックアップと複製によるバックアップではバックアップ先でファイルがそのまま参照出来たのに対して、DSM6.0 + Hyper Backup ではマルチバージョンによるバックアップ形式へと変更となったため、バックアップ先は元...

DSM 6.1.4-15217 Update 3に自動更新

DSMのバージョンが自動で更新されました。事前に登録したアドレスにメールが通知がありました。

DSMの「自動更新」の設定はコントロールパネルー「更新と復元」から変更できます。

スポンサーリンク
memordmレクタングル(大)
memordmレクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
memordmレクタングル(大)