UpdraftPlusでWordPressを丸ごとバックアップ

バックアップの重要性

サーバー上のデータはハードディスクに物理的に保存されています。ハードディスクのトラブルやアカウントの乗っ取り、操作ミスなどでデータが消失する可能性があります。データ消失にそなえて必ずバックアップをしましょう。レンタルサーバーのサービスでバックアップ機能もありますが内容をよく確認しましょう。

WordPressのバックアップ

WordPressで構築したサイトをバックアップするには2種類あります。

  • MySQLデータベースに保存されたデータ
  • テーマファイル、プラグインファイル、アップロードしたファイルなど静的なファイル

MySQLのデータは復元可能なSQL文でエクスポートし、静的なファイルはFTPで取得すればよいのですが、一括でバックアップできるプラグインもあります。いくつかありますが、「UpdraftPlus」が他のWebサービスの連携もすぐれていて、設定も簡単でしたので、UpdraftPlusを使うことにしました。

UpdraftPlusのインストール

WordPressの管理画面で[プラグイン]→[新規追加]をクリックします。

backdraft1

検索欄に「UpdraftPlus」と入力してEnterで検索します。検索結果の「UpdraftPlus Backup and Restoration」の「今すぐインストール」をクリックします。

backdraft2

インストールが完了したら「プラグインを有効化」をクリックします。

backdraft3

インストールした環境は以下になります。

  • PHP バージョン: 7.0.3
  • MySQL バージョン: 5.0.95
  • WordPress バージョン: 4.4.2
  • UpdraftPlus – Backup/Restore バージョン: 1.12.2

バックアップを実行してみる

[設定]→[UpdraftPlus Backup]をクリックします。バックアップの設定や実行はこの画面から行います。

backdraft4

今すぐバックアップ(同じサーバー上にバックアップ)

「今すぐバックアップ」をクリックします。ダイアログが表示されますので、再度「今すぐバックアップ」をクリックします。

backdraft5

バックアップが実行されます。

backdraft6

バックアップが成功したログが表示され、バックアップ済み(0)→(1)になります。

backdraft7

FTPで確認

FTPツールで確認します。今回はFireBirdが提供しているWebインタフェースで確認しました。

wpcontentの下にupdraftフォルダが作成され、そのなかに5つのバックアップファイルが作成されました。これらをFTPでローカルにバックアップできます。

backdraft8

また、WordPressの管理画面からもダウンロードできます。

backdraft9

同一サーバーにバックアップできたが

WordPressが動作しているサーバー上に簡単にバックアップできましたが、同じサーバーなので、サーバーが壊れてしまうと、データも消失してしまいます。よって、リモート・ストレージへの保存が推奨されます。

UpdraftPlusは複数のリモートストレージへのバックアップをサポートしています。Googleアカウントを取得しているため、GoogleDriveへのバックアップをする予定です。

backdraft10

スポンサーリンク
memordmレクタングル(大)
memordmレクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
memordmレクタングル(大)