「Simple Membership」プラグインでワードプレスで会員制サイトをつくる

友人がワードプレスのサイトを会員制にしたい

現在、友人が運用しているワードプレスのサイトを2段階ぐらいの層にわけて会員制サイトを作りたいとの要望がありました。

すべてを会員制にするのではなく、一部の記事を会員制にして、会員のなかでも2つにわけたいとのことです。

1、無料でブログを読むだけの今まで通り

2、無料会員プラン 無料会員記事が読める

3、有料会員プラン 有料会員記事が読める

会員制サイトを構築できるプラグイン

会員制サイトのプラグインをざっと調べたところ、以下の2つが良さそうです。

  • Simple Membership
  • WP-Members

会員の種類を分けたい場合は「Simple Membership」プラグインのほうが良さそうでした。
以下のサイトを参考にインストールしました。

会員登録をしたユーザー限定でコンテンツを表示する会員制サイト。作るには時間や手間がかかるイメージですよね。今回はそんな会員制サイトを簡単に、そして無料で作れちゃう「Simple Membership」というプラグインをご
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); Word…

Simple Membershipのインストール

プラグインの新規追加でSimple Membershipを検索して「今すぐインストール」をクリックします。

simplemembar1

バージョン3.2.6をインストールして「プラグインを有効化」します。

simplemembar2

WP Membershipのメニューが追加されましたが英語の表示です。

simplemembar3

Simple Membershipの日本語化

swpm-ja_JA.moのファイルの「_JA」をとって、swpm-ja.moにする必要があるらしい。

FTPソフトでもいいですが、今回はレンタルサーバーFireBirdのWebファイルマネージャから変更します。

FireBirdのサーバー管理ツールからファイルマネージャーにログインし、プラグインの言語ファイルがあるフォルダを開きます。

wp-content/plugins/simple-membership/languages

simplemembar4

2ページ目のswpm-ja_JA.moの名前をクリックします。
swpm-jp.moに変更して確定をクリックします。

simplemembar5

会員の種類(レベル)の追加

(一部)日本語化されましたので会員の種類を追加します。

無料会員の追加

会員の種類-AddLevelをクリックし、無料会員を作成します。有効期限は無期限で作成しました。

simplemembar6

有料会員の追加

有効期限1年で作成しました。

simplemembar7

Simple WP Membership::設定

基本設定

無料会員を有効化します。

simplemembar8

新規登録の許可を管理者が手動で行う場合は「進行中」を選びます。
変更を保存をクリックします。

Email設定

会員登録時の送信メッセージや、送信元の設定をできます。
また、登録時に管理者に通知するように設定します。

simplemembar9

以上で基本的な設定は終わりです。

アドオンを利用することでリダイレクト機能などの機能強化ができるそうなので、また試してみたいと思います。

特定のカテゴリを会員専用にして、ログイン後にそのカテゴリのアーカイブページにリダイレクトするのもありかな。

スポンサーリンク
memordmレクタングル(大)
memordmレクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
memordmレクタングル(大)

コメント

  1. nohea より:

    2ページ目のswpm-ja_JA.moの名前をクリックします。
    swpm-jp.moに変更して確定をクリックします。

    ⇒ 変更しなくても日本語になりました。 また、swpm-jp.moにすると英語になりました。 元のファイル名またはswpm-ja.moにしたら日本語になりました。

    • mmr より:

      ありがとうございます。
      バージョンアップで日本語対応になったのですね。
      参考になりました!