UpdraftPlusでWordPressをGoogleDriveにバックアップ

前回のUpdraftPlusでWordPressを丸ごとバックアップの続きです。

前回はUpdraftPlusプラグインでWordPressが動作するサーバー上にバックアップをしました。今回はリモートのストレージであるGoogleDriveにバックアップします。

GoogleDriveのAPIを有効にする

WordPressの管理画面で[設定]→[UpdraftPlus Backups]をクリックします。
[設定]をクリックし、「Google Drive」をクリックします。

backdraft-googledrive1

「あなたのGoogle APIコンソールには、このリンクをたどって、そのドライブのAPIを有効にし、APIアクセスセクションのクライアントIDを作成します。 」を右クリックしてあたらしいタブで開きます。

backdraft-googledrive2

Googleアカウントのログイン画面が表示されますので、バックアップを行うGoogleアカウントでログインします。ログインするとGoogleAPIの画面が表示されます。初回はナビが表示されますので、「次へ」→「次へ」→「完了」で閉じます。

backdraft-googledrive3

「プロジェクトを選択してください」をクリックし「プロジェクトを作成」をクリックします。プロジェクト名を入力し、利用規約に同意して「作成」をクリックします。

backdraft-googledrive4

DriveAPIをクリックします。

backdraft-googledrive5

「有効にする」をクリックします。

backdraft-googledrive6

左側の「認証情報」をクリックします。

backdraft-googledrive8

Oauth同意画面をクリックし、任意のサービス名を入力して「保存」をクリックします。

backdraft-googledrive9

「認証情報」の画面になりますので、「OAuthクライアントID」をクリックします。

backdraft-googledrive10

「ウェブアプリケーション」を選択し、名前を入力します。
「承認済みのJavaScript生成元 」には、サイトのURL「http://memordm.com」を、
「承認済みのリダイレクトURI」にはUpdraftPlus設定画面に出ているアドレスをコピペします。「作成」ボタンをクリックします。

backdraft-googledrive11

クライアントIDとクライアントシークレットをUpdraftPlus設定画面にコピペします。

backdraft-googledrive12

backdraft-googledrive13

「変更を保存」をクリックします。

backdraft-googledrive14

WordPressからのAPI利用を許可する

「こちらをクリックして Google Drive アカウントを認証 (Google Drive にバックアップするには必要です).」をクリックします。

backdraft-googledrive15

「許可」をクリックします。

backdraft-googledrive16

GoogleDriveにバックアップする

成功のメッセージを確認し、「いますぐバックアップ」をクリックします。

backdraft-googledrive17

「今すぐバックアップ」をクリックします。

backdraft-googledrive18

GoogleDriveを確認

5つのファイルがGoogleDriveのUpdraftPlusフォルダにバックアップされました。

backdraft-googledrive19

リモートストレージにバックアップすることで、サーバーが壊れた場合でもバックアップを取得することができます。

定期スケジュールの設定

「設定」タブからバックアップスケジュールの設定をしました。両方とも1週間ごと、バックアップ保持数を4にしました。きちんとバックアップされているかあとで確認します。

backdraft-googledrive20

スポンサーリンク
memordmレクタングル(大)
memordmレクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
memordmレクタングル(大)