ContactForm7の問合せをDBに保存して管理する その3

前回の続きです。

WordPressの問合せプラグインで有名な「Contact Form 7」ですが、入力されたデータを保存する機能はなく、メールを送信するの...
前回の続きです。 サブドメインを追加 エックスサーバーのサーバーパネルからサブドメインを追加します。 ...

問い合わせフォームの編集

サンプルでつくられた問い合わせフォームを編集します。

郵便番号から自動で住所を入力する方法をさがしました。 以前は、ajaxzip3のJSライブラリを利用することが一般的でしたが、現在はaja...

↑を参考に郵便番号からの住所入力もつけてみました。

Insert Headers and Footersプラグインを追加

headerにyubinbango.jsライブラリを読み込むために、headタグの中に独自のコードを挿入できるプラグインを追加しました。似たようなプラグインはたくさんありましたが、シンプルでユーザー数が多いのを選びました。

設定ーInsert Headers and Footersから以下のコードを入力しました。

問い合わせフォームを変更

フォーム

メール

Contact Form 7 Serial Numbersのメールタグを挿入します。

固定ページの問い合わせフォームのショートコードをクラスを指定するように追記します。

問い合わせフォームの動作確認

ここまでで、正常に動作することを確認します。

必須項目を入力して、送信をすると

正常にメール受信できました。

問い合わせの内容をDBに保存するのは次回です。

スポンサーリンク
memordmレクタングル(大)
memordmレクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
memordmレクタングル(大)