iPhone4sをドコモ回線で使う(MVNOじゃなくてSPMODEで)

ドコモ契約のSIMをソフトバンクiPhone4sで使う

ドコモの契約は6回線でパケットをシェアしています。auからのMNPでiPhone6 16GBを6台、一括0円で入手しました。このうち1台はすぐに使う予定がありませんでしたので、すぐにsimカードを抜き、iPhone6本体を売却しました。

Docomoの月額料金は実質2000円ちょっと 2015年の9月にauからDocomoにMNPしました。二世帯で移行したので、UCギフトカー...

しばらくして、iPhone5s(docomo)を安く入手しました。

iPhone5sを入手 ドコモのiPhone5s 32GBを知人から安く買いました。使用期間は約2年です。 落下によって、フロントパネルが割...

このiPhone5s(docomo)を修理し、使用する予定でしたがガラケーユーザーの友人に貸してしまいました。

別途、iPhone4s 16gb softbank(契約切れ)を入手しましたので、こちらをドコモの契約中のsimカードを挿入して使います。

SP MODEとは

NTTドコモのスマホはインターネット接続(ISP)サービス「spモード」で接続できます。

この「spモード」は、ドコモで契約したスマホしか接続できない製品製造番号(IMEI)による制限がかけれられていましたが、2015年10月にこの制限を撤廃しました。制限がなくなり、SIMフリースマホに「ドコモのSIMカード」を挿して使うことができるようになりました。

「ドコモのSIMカード」というのは、MVNOのドコモ系列の回線ではなくて、ドコモそのものの契約SIMです。iPhone6sをドコモで契約している方は、そのsimを抜いて、SIMフリーのスマホに挿してspmodeのapn設定をすればすぐに使えます。

iPhone4s 16gb softbank

契約が切れているsoftbankのiPhone4sはSIMロックが掛かっていて、そのままではspmodeはつかえません。ただし、SIMロックを解除するアダプタがあります。そのアダプタを使えば、simフリーのスマホと同じようになり、spmodeが使えます。

iPhone4sのiOSは最新の9.3.1です。

ちょっと動作がもたつくので脱獄したいですが、まだ脱獄ツールが対応していません。

iPhone4s 16gb softbankのsimロック解除

simロック解除アダプタでsimを挿せば、ドコモ回線で「通話」と「SMS」は可能になります。ただし、「3Gのインターネット通信」はできません。wifiに接続すれば、「インターネット通信」はできます。あえて「通話」と「SMS」しか使わないなら、このまま使うのがよいです。そのような使い方をしたい人は少ないと思いますが。。

nano SIM変換アダプターを購入

iPhone6に付属していたsimカードはnano simです。iPhone4sに挿入する場合はnano SIMをmicro SIMへ変換する必要があります。変換用のアダプターを購入しました。

simロック解除アダプターを購入

softbankのsimロックを解除するアダプター(SIMロック解除用SIM下駄)を購入しました。

ドコモのnano simをmicro simにする

下記の画像の「docomo nano sim」はiPhone6(ドコモ契約)から取り出したものです。本体は売却しましたが、契約中のnano simです。

iphone4s1

micro simのアダプタにnano simを載せます。

iphone4s2

simロック解除

詳細の手順は以下のページにあります。

HeiCard 日本総代理店

なんのトラブルもなく完了しました。カケホーダイライトの「通話」と「SMS」ができました。

iphone4s3

iPhone4s softbankはヤフオクでみると、現時点で8,000円もあれば購入できます。メインで利用しているiPhoneを紛失した場合に一時的に利用するにはよいのではないでしょうか?

この状態で、「通話」と「SMS」は利用可能です。wifiの環境でインターネットも利用できます。3gのインターネットを利用するにはapnの設定が必要です。

spmodeのapn設定

SIMフリーのiPhone4sの場合、APNの設定は、設定項目があり「手動入力」できます。softbankのiPhone4sは、設定の項目がなく、入力できません。APNを配布しているサイトがありますので、wifi環境でSafariからインストールすれば、spmodeのAPNが設定できます。

spmode こちらのページのCellular Payload版(iOS9以降)をダウンロードしました。

構成プロファイルがインストールされて、「3Gでのインターネット通信」が可能になりました。

基本はwifi環境でしか使いませんが、非常時に外出先での3G通信もできるようになりました。

【メモ】iOS9 mopera APN.mobileconfigのファイルを、本サイトpublic_htmlにバックアップ

スポンサーリンク
memordmレクタングル(大)
memordmレクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
memordmレクタングル(大)

コメント

  1. あすか より:

    初めまして、ここで質問してもいいものかわからなかったのですが、どうしても調べられなくて。。お返事いただけたらありがたいです。
    当方、softbank iphone4s 32G を kingmobile製のアダプタを使用してSIM解除し、docomoのFOMAカードで使用する予定ですが、
    「※ドコモのSPモードで契約されているSIMカードはAPN設定を行ってもインターネットができす、発着信のみとなります。」
    との記入がありました。
    こちらで紹介されているサイトでAPN設定をしたら通常のスマフォのように使用できるのでしょうか?
    また、”cellular Playlod版”と”APN Payload版”の違いはなにがあるのでしょうか?なぜ貴方はcelular版を使用したのかを教えていただきたいです。
    素人の質問ですみませんが、もしよければご返信お待ちしてます。

    • mmr より:

      自分がおこなったことを説明しますと
      ・iPhone6をドコモで複数台、契約した。
      ・一台の端末は売却。simの契約は残った。
      ・softbank版iPhone4sがあったのでアダプタで解除して売却したiPhone6のsimをさした。
      ・その時点で発着信、通話は可能。ドコモ回線でインターネットは不可(もちろんwifi環境なら利用できる)。
      ・wifi環境でcellular Playlod版のAPNをインストールした。
      ・ドコモの3g回線でインターネットが利用できた。

      通常のスマホと同じように使えてます。
      ただし「docomoのFOMAカード」というのがよくわかっていません。
      iPhone6で契約したドコモのsimカードならできました。

      >「※ドコモのSPモードで契約されているSIMカードはAPN設定を行ってもインターネットができす、発着信のみとなります。」
      昔はドコモの制限でできませんでしたが、途中からできるようになりました。

      APNの違いはよくわかりませんが調べたところ
      ・Cellular Payload版のほうが新しい仕様で安定している
      とわかったのでインストールしました。

      すこしググったらFOMAカードでできてる事例もありましたね。

      ちなみに最近、iPhone4sのsimをマイネオのデータ専用nano SIMと差し替えました。
      マイネオのプロファイルをインストールしたら正常にインターネットできました